インプラントの治療方針
Implant treatment policy

インプラント治療方針

「いただきます!」
「ごちそうさま!」

と、元気に食事をしていた若いときには気がつかなかったこと。
それは、美味しく食べられる歯があったのだということです。
歯がなければ、美味しさが半減することは、歯を失って初めて気がつくことかも知れません。

そして、もう一つ想像ができないことは、入れ歯やブリッジなどでは食べる感覚までは元に戻らないということです。

私は歯科医師として歯の大切さを訴えてきました。また、自らの歯を長持ちさせるための治療方針として

削らない ・ 抜かない ・ 痛くない

を掲げ、さらに、

予防歯科の大切さと実施

を訴えてきました。これも、「美味しく食事をいただくこと」は、健康にも精神的にも、とても大切だということを知ってもらいたかったからです。

美味しく食べるには、自らの歯が一番です。しかしながら、不幸にも自らの歯を無くしてしまった場合に、インプラント治療を行う人が増えています。

長持ちするインプラント治療を施せるか?

こだまインプラントCTセンターの治療方針は、

長期的に見て十分に機能する インプラント治療が行えるかどうか?

ということを掲げています。それは、

安全にインプラント治療が行えるかどうか

にもかかわることなのです。
長持ちするインプラント治療、安全なインプラント治療のために、歯科用CTスキャンなどの最新機器が活躍します。
CTスキャンの詳しい説明はこちらをご覧ください。

インプラント治療は、歯を失った方には大変優れた治療です。
しかし、絶対に壊れない道具を手に入れたというわけではありません。私たち歯科医師は、患者様のお口の状態をトータルに判断し、インプラント治療とともに他の治療やメンテナンスを施していかなければなりません。そうすることによって、はじめて「長持ちする」ということがいえるのです。

遠方にもかかわらず、当医院にてインプラント治療をお受けになり、メンテナンスもきちんと行われている患者さまがおられます。非常にありがたく感謝するとともに、私の気持ちが通じたのかなと、内心喜んでいます。

インプラント治療は、長く美味しく食事をするための方法の一つです。

お口の状態をトータルに考えることを忘れず、また、長期にわたり患者さまのお口の状態に責任を持てるよう、常に問いかけています。

このインプラント治療は患者さまを幸せにするか?

インプラント治療のカウンセリングにて自らに問いかけていることがあります。

それは「このインプラント治療は患者さまを幸せにするか?」ということです。

価値観は人それぞれかも知れませんが、多くの患者さまのお口の状態を診てきた歯科医師の立場から、患者さまに合った治療をお勧めしていきたいと考えています。
カウンセリングについてはこちらをご覧ください

技術、設備とともに衛生にもこだわっています

患者さまに安心して歯科治療を受けていただきたい、こだまインプラントCTセンターでは、衛生面も徹底して管理してます。

 

院内感染予防

院内感染予防のため、スタッフはB型ならびにC型肝炎の血液検査を行っています。
また、セントラルオゾンを取り入れ、「手指消毒」 「治療器具の消毒・殺菌」と、院内感染予防に大活躍しています。

 

滅菌処理

歯科治療に使用する器具は患者さまごとに交換し、滅菌処理をして使用しています。
「減菌処理は、クラスB(ヨーロッパ基準)です。」

滅菌処理とは、物質中全ての微生物を殺す完全な処理です。滅菌処理をひんぱんに行うと器具のいたみが早く、替えも必要なためコストもかかることなのですが、安全のため実行しています。

処理後は、それぞれを個別にパッキングし、清潔な状態で提供できるようにしています。

 

ディスポーサブル器具の使用

できる限りディスポーサブル(使い捨て)器具を使用しています。 注射針・うがいコップ・エプロン等はもちろん、 インプラント手術に使用するメスやグローブ、手術衣などもディスポーサブル器具を使用しています。

当たり前のことのようですが実践できている医院は少ないようです。

診療のご案内
  • 月・火・木・金
    午前9:00 ~ 午後1:00
    午後2:30 ~ 午後6:30
  • 水・土 
    午前9:00 ~ 午後1:00
  • 休診日 日曜日・祝日
こだま歯科の  
インプラント治療
Information
こだま歯科医院公式サイト こだま歯科-
              審美歯科・ホワイトニングサロン こだま歯科医院-お試しPMTC