再生治療
Play therapy

サイナスリフト - 上顎洞底挙上術 –

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)は、上顎の骨の厚み(高さ)が不足してインプラント治療が難しかったケースでも、上顎洞に骨造成を行い治療を可能にする方法です。
上顎洞とは

上顎の歯槽骨の上部(頬骨の奥)には、上顎洞(サイナス)という大きな空洞があり、鼻腔へとつながっています。

歯のない状態で長期間放置していると骨は急速に吸収します

上の奥歯を失ったまま長い期間放置していると、歯槽骨が吸収されてしまい、上顎洞が広がってしまいます。

そのため、歯槽骨の厚さが不足し、インプラントを埋入しようとしても上顎洞に突き抜けてしまい、インプラント治療が行えないケースがでてきます。

サイナスリフトでインプラントが可能になります

このような場合、サイナスリフトが有効です。 上顎洞の膜全体を押し上げ骨補填剤を用いて、骨を形成したうえで、インプラント治療を行います。

歯槽骨の厚みがある場合には、サイナスリフトとインプラント埋入を同時に行いますが、歯槽骨の吸収が著しい場合は、通常4~6ヵ月待って、骨が安定してからインプラント治療を行います。

診療のご案内
  • 月・火・木・金
    午前9:00 ~ 午後1:00
    午後2:30 ~ 午後6:30
  • 水・土 
    午前9:00 ~ 午後1:00
  • 休診日 日曜日・祝日
こだま歯科の  
インプラント治療
Information
こだま歯科医院公式サイト こだま歯科-
              審美歯科・ホワイトニングサロン こだま歯科医院-お試しPMTC